前へ
次へ

審美歯科治療で、魅力的な口元を演出する

第一印象はとても大事です。
特に、社会に出る際の就職活動の面接などで良く言われることですが、まずは何よりも清潔感と言うものが大切になることでしょう。
何も、就職の面接でなくとも、普段から頭髪や服装に気を遣った清潔感溢れる姿は、やはり良い印象を持たれることになりますよね。
さらに言いますと、歯が重要ではないでしょうか。
笑った時に見える歯並びの良い白い歯は、さらにもう一つ印象を良くするものですよね。
虫歯や歯周病の治療などの機能的なものばかりではなく、白く歯並びの良い口元を作り出すと言う美観の側面にも比重を置いた歯科治療のことを、審美歯科と呼び、今注目されているとのことです。
審美歯科治療のメニューとしては、専用のホワイトニング剤を歯に塗ることで、傷つけないで、少しずつ歯を白くして行くホワイトニング、オールセラミッククラウンと言う、虫歯の治療により歯を削った場合にかぶせる、セラミック(陶材)のクラウン(かぶせもの)をすることによって、天然歯と同じような白い歯を実現する治療、そして、歯の表面を削って、薄いセラミックを貼りつける前歯に使う治療である、ラミネートベニアなどの治療があるようです。
もちろん、まずは健康のためになりますが、これからの時代は、清潔感のある、魅力的な口元を演出するためには、必須なものになるかもしれません。

Page Top